過払い金はいつまで請求できる? - 過払いで戻ってきたお金は非課税

過払い金はいつまで請求できる?

過払い金は債権者となる貸金業者が法律上認められていない金利で返還を請求したがために発生したものです。

ニコスの過払い情報サイトです。

言ってしまえば不法行為によって貸金業者が得た利益なのですから、それは債務者に対して返還されるのが普通です。

だからこそ過払い金返還請求が行われるようになっているわけですが、しかしながら、この請求も永遠にできるわけではないのです。



では過払い金返還請求はいつまで出来るのかというと、これは完済から10年が時効と定められています。
10年を越えてしまうと既に払い過ぎた分を返してほしいと言っても貸金業者は返す理由が無くなるわけですから、もう返してもらえないとして考えなくてはならないこともあるでしょう。

ただしかし、10年を越えたら絶対に返してもらえないのかというとそうではありません。

というのも、貸金業者との金銭貸借契約は一般的に途中完済を行うことを想定しているからです。
例えば2000年の4月1日に一旦完済をして、その直後に再び借入をして2010年4月1日に完済した場合ですが、一見すると「2000年4月1日に完済した分は既に時効を迎えているが、2010年4月1日に完済した分は2020年まで時効を迎えない」というように見えるでしょう。



ですが実際の過払い金返還請求の場においては、どちらも時効を迎えてはいないとして判断される可能性が高いです。2000年4月1日に完済をしていることは確かなのですが、その一週間後に再び借入をしているのであれば契約は継続されているとして判断するのが妥当なのです。
契約が継続しているのであれば当然時効は延長されることになるのですから、もし10年以上前に発生していた過払いであっても諦めずに確認してみることをお勧めします。