過払いで戻ってきたお金は非課税

過払い金は元はといえば自分の財布から出したお金です。
給料には税金が発生しますが、財布のお金は非課税でしょう。
そのため、過払い請求をして100万円返還されたら、1円も税金として支払う必要はないのです。
弁護士報酬を支払って手元に残ったお金はすべて自分のものです。
過払い金の返還方法は口座入金になりますので、弁護士に依頼するときは口座を伝えることになります。
弁護士が直接現金を手渡してくれることは通常ありません。初期費用を用意できない方は、過払い金で後払いに対応してくれる事務所が多いので確認しておきましょう。


平均的な返還額は事務所により異なりますが、概ね100万円〜200万円となります。
あくまで平均額なので、30万円しか回収できない方もいれば、200万円をはるかに超える額が戻ってくる方もいます。

ニコスの過払いについて詳しく説明しています。

初期費用は1件あたり5万円以内が相場なので、返還される金額から見れば大した額ではありません。

戻ってきた過払い金は、他の借金返済に充てたり納税資金にしたり、そのまま口座に預金したりできます。



支払う必要のない利息が手元に返ってきただけなので、遠慮せずにもらっておきましょう。


借金の減らしてもらったわけではないので、負い目を感じる必要はまったくありません。ただし、生活保護を受給している方は、返還されたお金を資産とみなされます。



そのお金を使って生活するように指導を受けることで、生活保護の支給が少なくなる場合はあります。