過払い金はそもそもどうして生まれたの?

過払い金とは借金の返済にあたって支払い過ぎた、過剰な請求によって支払を要求されることによって発生するものとされています。

日本国内においてはこれまで利息制限法と出資法の間に空白となる利率が設定されていたため、そのグレーゾーン金利を悪用した貸付が行われることによって発生したのです。

ニコスの過払いに有効なサイトの紹介です。

かつての利息制限法では融資額に応じて年間15〜20%の上限金利が設定されていたのですが、同様にお金を貸すということで関連してくる出資法では年間29.2%までの上限金利が設定されていました。
貸金業者が参照するべきは利息制限法の上限金利だったのですが、この利息制限法を超えたとしても刑事罰が下されることは無かったのです。
これは何も貸金業者ひいきの判断が行われていたわけでは無く、単純に法律に刑事罰が規定されていなかったことが原因でした。


出資法を超えると刑事罰が下るため年29.2%の上限を超えることはできませんでしたが、その刑事罰が下されるであろうギリギリの金利を設定した貸し付けが横行していたのです。
しかしこの利息制限法と出資法の間にあったグレーゾーン金利は改正出資法が2010年から完全施行されたことによって消えることになりました。



貸金業者たちはこうした変化について「消費者が任意で支払った利息だからみなし弁済の範疇だ」と反論しましたが、実務の様子などを見るにそうした主張は単なる言い訳にしか過ぎないと判断されたのです。結果としてグレーゾーン金利での貸し付けは全て不当請求となる過払い金であり、過払い金は返還するべきだとされるようになったわけです。